三滝茶堂

愛媛の河川

トップページ高知県の観光愛媛県の河川>三滝茶堂

愛媛県

城川茶堂群

南予地方を中心に旧道沿いにあり、弘法大師像・庚申像・地蔵などの諸像を安置した施設。単に「お堂」と呼んだり、安永二年(1773)の史料には「辻堂」と出る。一間(約1.8m)四方の方形の建物で、屋根は茅葺などの宝形造りで、近年再建されたものには瓦やトタン葺きの切妻もある。三方を吹き放ちにして奥の背面だけに棚を設けて、石仏等を祀っている。

三滝茶堂

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四国の河川へ戻る  愛媛県の河川へ戻る