宇和島城

愛媛の河川

トップページ高知県の観光愛媛県の河川>宇和島城

愛媛県宇和島市

国指定重要文化財

戦国時代高串道免城主の家藤監物が、天文十五年(1546)板島丸串城に入ったというのが、板島丸串城の記録に現れた始めである。その後、天正三年(1575)西園寺宣久の居城となったが、同十三年(1585)には伊予の国が小早川隆景の所領となり持田左京が城代となった。その後、同十五年(1587)宇和郡は戸田勝隆の所領となり戸田与左衛門が城代となった。文禄四年(1595)藤堂高虎が宇和郡七万石に封ぜられ、その本城として慶長元年(1596)築城工事を起こし、城堀を掘り、石垣を築いて、天守閣以下大小数十の矢倉を構え、同六年(1601)ごろまでかかって厳然たる城郭を築きあげた。慶長十三年(1608)高虎が今治に転封となり富田信高が入城したが、同十八年(1613)に改易となったので、約一年間幕府の直轄地となり、高虎が預かり、藤堂良勝を城代とした。慶長十九年(1614)十二月、仙台藩主伊達政宗の長子秀宗が宇和郡十万石に封ぜられ、翌元和元年(1615)三月に入城の後宇和島城と改めた。それ以後、代々伊達氏の居城となり、二代宗利のとき寛文四年(1664)天守閣以下城郭全部の大修理を行い、同十一年(1671)に至り完成した。天守閣は国の重要文化財に、また城跡は史跡に指定されている。別称鶴島城ともいう。

藩老桑折氏武家長屋門

藩老桑折氏武家屋門  宇和島城天守  郷土館  宇和島城(城山)  山里倉庫  八束兄弟の生家長屋門   
二ノ丸跡  宇和島城の井戸  上り立ち門  中井コッフ歌碑  人磨神社  伊達宗城 冠の柳 
宗城と西郷隆盛会見の場  中島神社の由来  児島惟謙先生  栗樹記  宇和島自動車創業の地 
児島惟謙の生誕地

愛媛県の河川へ戻る