川之江城

愛媛の河川

トップページ高知県の観光愛媛県の河川>川之江城

愛媛県四国中央市

南北朝動乱の頃(約650年前)南朝方、河野氏の砦として、土肥義昌が延元二年(1337)鷲尾山(城山)に川之江城を築いた。興国三年(1342)北朝方細川和春が讃岐より七千の兵を率いて攻めてきた。義昌は出城の畠山城主由良吉壁と共に防戦したが破れ、城を落ち延びて各地を転戦したが武蔵国矢口の渡で戦死している。細川氏の領有後、河野氏に城主は妻鳥友春になった。元亀三年(1572)阿波の三好長治が攻め入ったが、撃退している。土佐の長宗我部氏の四国平定力に抗しきれなかった友春は、河野氏に背いて長宗我部氏に通じた。怒った河野氏は河上但馬守は轟城の大西備中守と戦い、討たれたという話も残っているが、天正十年(1582)長宗我部氏の再度の攻撃に破れ戦死落城している。その時、姫ヶ嶽より年姫が飛び込んで自殺したという秘話伝説も残っている。天正十三年(1585)豊臣秀吉の四国平定に破れ、小早川、福島、池田、小川とめまぐるしく領主が替わり、加藤嘉明の時最終的に廃城になった。数々の攻防は川之江が地理的に重要な位置にあった為の悲劇ともいえる。戦国の世も終わった寛永十三年(1636)一柳直家が川之江藩28,600石の領主になり、城山に城を築こうとしたが寛永十九年(1642)病没、領地は没収されて幕領となり明治に至ったため、わずか六年の「うたかたの川之江藩」で終わった。

川之江城

二洲伝城山  尾藤二洲  姫ヶ嶽   

愛媛県の河川へ戻る